脱出駅3〜シンパシーを感じ合い暴言をブチ込むRPG

アクセスカウンタ

zoom RSS 極限のインサイド・アウト

<<   作成日時 : 2016/03/05 18:36   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

「2級建築施工管理技士」を取得して、
来月からいよいよ、
雑工事全般を任されることになりました。

壁の張り替え1枚から、
各所補修、
クレーム対応など。

他の上司・先輩方は、
大きな現場を担当しているため、
小さな現場は、全て私が担当します。



最近、

「お前・・・このままではヤバイぞ?」

「2年たってこの程度では・・・勉強不足だ」


と、ハッパを掛けられてます。



そんなコトもあり、上司からは、
「自分で考えろ!」
「好きな様にやってみろ!」

と突き放されるようになり、



お言葉に甘えて、好き勝手やってます(爆)



モノの手配、ヒトの手配、
担当者との打合せ、
職人さんが実力をフルに発揮できるような段取り。
そして、現場を監督して、
施工の出来栄えのチェック。

全部自分で考え、自分でやります。

まぁもちろん、

こまめに上司に「○○やります」
「△△やろうと考えています」

という報告は欠かせませんが。


たまに失敗して、
折角施工したものを、一度解体し、
やり直しかかる時もあります。

その時は、上司や職人さんに叱られます。



でも、



今の精神状態は、非常にイイ感じなのかも?

と思っています。




「なぜ失敗した?」
「どうすれば良かった?」
「もっと良く出来なかったか?」


今まで以上に、反省の連続。

そうして、
「インサイド・アウト」の感覚を、
極限まで突き詰める。

建築屋として、

社会人として、

そして、1人の人間としての、

「魂が磨かれている」ような感覚が生まれています。



「無心」だとか、
「無我夢中」という言葉がありますが、

そういう言葉がピッタリかもしれません。



今の仕事に、

「好き」も「嫌い」も、

「楽しい」も「苦しい」も、

「満足」も「不満」もありません。



そこにあるのは、
ただひたすら、
「自分が未熟である」という事実。

だから、



ただひたすら突き進む。



それだけなのです。



「お客様の要求に応える」ことには、
ゴールがあります。

しかし、

「お客様の要求を超える」ことには、
ゴールなどありません。



さながら「修行僧」のような、

そんな感覚です。



そして、

建築だけではダメなワケで。



日常生活であったり、

様々なニュースであったり、

色々な娯楽であったり、

そして、人間性(自己啓発)であったり。



仕事以外のことについても、
私はまだまだ力不足であり、勉強不足。

だからこそ、
ひたすらやるだけです。



どこまでいけるか分かりません。



・・・いや、



「どこまでいけるか」なんていう考え自体、
今の私にとっては、無意味な問いです。


前を見て、

進めるだけ、進む。

もしかしたら、

「・・・あれ?
なんで俺、こんなに頑張っていたんだっけ??」


と悩むことも起こるかもしれませんが、、、

でも今は、
この感覚を信じて、
やれることを、ひたすらやっていきたいのです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

プロフィール


画像
名前:mts(ミッツ)
性別:男
年齢:35前後
極限のインサイド・アウト 脱出駅3〜シンパシーを感じ合い暴言をブチ込むRPG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる