脱出駅3〜シンパシーを感じ合い暴言をブチ込むRPG

アクセスカウンタ

zoom RSS 見積

<<   作成日時 : 2016/04/08 18:55   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

最近は、
「仕事って、奥が深いな」
と、つくづく感じる。

私は建築業界に身を置いている以上、
「建築のプロ」であらねばならない。

でも、

お客様にとって、
必要としているニーズは、1人1人違う。

どんなに品質の良い商品を提供できる状態だとしても、
それがお客様の全てだとは限らない。



最近、
大地主さんとお話させていただく機会があった。

気にされているのは、
商品の品質よりも、むしろ土地そのものであったり。

なので土地の運用について、
相談をされたりすることもある。



「ココを駐車場にすて、
1か月で駐車場の賃料をコレぐらいにすて、
2年半で元をとりたい。
んだどしたら、

(ピッピッピッ)←電卓の音

コレくらいで考えてるんだどもな」



つまり、
予算はそのくらいだ、ということ。

建築物の品質は勿論大事だけど・・・
それだけ気を使えばイイかというと、そうでもない。

お客様のサイフの中身、
そして「投資」した分、「元」をとるという想いも、
組み取った上で、見積もりを行う。

なので、

お客様との他愛無い世間話。

あれ、本当に大切なんだなぁと、

36にしてようやく気付いた。



私達は現場監督として、
品質の良いモノを提供することは絶対です。

でも、それだけじゃ、お客様の心はつかめない。



トイレの改修工事にしても、そのトイレを使うのは、

「その家に住む人」なのか、

「お客様と従業員の共同」なのか、

「お客様専用」なのか、

「従業員専用」なのか。

「身体の不自由な方も使用する」のか。


そもそもその場所は、


「借家」なのか、

「プレハブ」なのか、

「その人(会社)の所有している家(建築物)」なのか。


それによって、
求められるトイレリフォームの内容がまるで違う。



具体的に「こーして欲しい、あーして欲しい」
という人もいる。

でも、工場にいたときのように、
「作業指示書をそのままやる」のでは、
もちろんダメであって。

「結局、そのお客様は何を求めているのか?」
「どういう悩み、どういう不便さを解消したいのか?」


という所こそが大切なんだな、と。


「他人の幸せのため」
なんて簡単に言ってみているけど、

実際は、そんな簡単じゃないんですね。

幅広く、そして奥深く勉強しなければ。

他人を幸せにするために、

今はもっともっと力が欲しい。



今、新たに実験していることがある。



見積もりをお客様に提出する際、
自分なりの「説明書」を付属している。

A4サイズ1〜2枚程度だけど。

何をもってして、その数字になったのか?

どういう経緯で、

どういう狙いがあって、その数字にしたのか?

お客様の要求に応えるために、

こういう工事を予定している、とか。



通常であれば、見積もり金額出して、
ハイ終わり。
見積もり内容は、できればクローズにしたいのが、
普通の人の心理だけど。

でも、私はあえて、オープンにする。

メリットだけでなく、デメリットもしっかり言う。
場合によっては、
他社に知られると不利になるようなコトも、
平気で言う。



それで、アドバイスした条件で「相見積もり」取られて、
仕事を奪われたら、それは仕方ない。

そういうお客様だった、ということだ。



お客様が、あまりに高圧的な態度だったら・・・
・・・その時は、致し方ない。

与える情報も最小限にして、
高額見積でふっかけて、追い出す。

お客様が業者さんを選ぶ権利があるように、
私達も、お客様を選ぶ権利がある。

Win-Winが到底成り立たないようだったら、
そもそもビジネスは成立しない。



社長は私に口酸っぱく言う。

「お前は34歳からこの業界に入った、

いわばシロートに毛が生えたような程度よ。

でも、悲観することはねぇんだ。

お客様の目線で、

お客様に対応してみろ。

それはおまえだけの”特権”だ」



お客様の立場で考えると・・・
建築の見積もりって、イマイチ分かりづらいんですよね(爆)

だから、今、そういう実験をしている。

今の自分は、
こういう所で勝負しなければならん。

普通の営業マンや、普通の現場監督なら、
面倒がってやらないことを、
わざわざ手間暇かけてやる。

今の自分は、そういう所でしか勝負出来ないのだ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

プロフィール


画像
名前:mts(ミッツ)
性別:男
年齢:35前後
見積 脱出駅3〜シンパシーを感じ合い暴言をブチ込むRPG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる