脱出駅3〜シンパシーを感じ合い暴言をブチ込むRPG

アクセスカウンタ

zoom RSS ツイッターの使い方についての考察

<<   作成日時 : 2017/05/27 16:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

CAUTION!

ツイッターに興味のない方は、本記事シカトして下さい。
あと、文章長いです。
時間のある時に閲覧して頂ければと思います。






ツイッターを主戦場にして、しばらく経ちます。

https://twitter.com/mts_japan (←リンク)


ここでツイッターに関して感じたこと、

これからどう利用していくか?

を、記してみたいと思います。



ツイッターを利用する目的。

それは利用者によって様々です。



「近しい者同士の交流(LINEのやりとりの延長)」

「情報収集」

「近況報告」

「ニュースやつぶやきの紹介」

「承認欲求を満たすためのもの」

「宣伝やCM」

「応援してくれるファンに対するファンサービス」




さまざまなカタチがあります。





◎インプット側のユーザーとして





私が「インプット側のユーザー」として、

現時点でツイッターに求めている要素は、

「情報収集」です。



情報収集とは言っても、

ただやたらにフォロー数を増やせばイイものではなく、

ある程度は「選ぶ技術」が必要です。



先日、とあるユーザーさんをフォローした所、

「1日に何10回もツイートする」ユーザーさんで、

その人のつぶやきで、

タイムラインが埋め尽くされてしまいました。



色々なユーザーさんの、

色々な情報を収集したい
自分にとって、

同一ユーザーさんからのつぶやきで埋まるのは、

チョット本意ではなかったので、

やむなく、フォローを外させていただきました。



つぶやく回数にルールはありません。

それは各ユーザーさんに委ねられます。



ただ読者は読者なりの「マイペース」というものがあるので、

そういう意味で、個人的には、

「1日に0〜3回程度のユーザーさん」が、

一番マッチしているなと感じます。



あと、フォローバックの対象も選んでいます。

無条件でフォローバックはしていません。



「こういう活動しているので応援よろしく」

的なものであれば、フォローすることも、

選択肢としてはありえます。



ただ、

「ラクに儲ける方法」「競馬で当てる方法」

などをプッシュするフォロワーは遠慮しています。

それには理由があります。



資本主義経済におけるお金儲けにしても、

ギャンブルにしても、

その根底は「競争」です。



「ラクに儲ける方法」「競馬で当てる方法」

をプッシュするような人達は、

誰よりも「儲ける」「当てる」ことにこだわる



そんな人が、

全くの赤の他人に、その方法を教えますか?



洞窟の奥底で発見できた金塊を、

わざわざ赤の他人に教えて、

山分けすることなんかありえますか?



こういう情報は、



「1人占め」するのが摂理です。



それをわざわざアプローチしてくる、ということは、

100%、裏があります。

そういう人とはお付き合いは出来ない。

そういう理由で、フォローバックは遠慮しています。



◎アウトプット側のユーザーとして



「アウトプット側のユーザー」として、

ツイッターに求めている要素は、

「自分のメンタルのチューニング」ならびに、

「生存報告」です。



発達障害と診断されてから、

自分は頭の中だけで情報処理するのは、

苦手なのだと悟りました。



思ったこと、感じたこと、考えていること、



それらをノートなり、

こうしてブログやツイッターなりで、

表現することで「自分」が保たれる。



ブログ、そしてツイッターの存在は、

やはり自分にとって、

無くてはならないものです。



あとは、生存報告についてですが。

遠くに住んでいる友人もいるので、

ツイッターやブログの存在を教えています。


ブログの読者の方にも、こうして公開しています。



嫁さんにも、ツイッターに関しては、

たまに見せることはあります。



ただ、

会社の人達には、一切見せていません。



少し距離を置きたい、と感じています。



悪い会社ではないし、

悪い人達ではないですが。



ただ1つ、中に入り込み過ぎると、

ただでさえ狭い視界が、ますます狭くなるからです。



この会社を、

この業界を、

本気で良くしたい。



そのためには、今の、

少し離れて、少し壁を作るような、

そんな微妙な距離感を保つ必要があると感じています。





◎最近心がけていること





最近、ツイッター上で、

ハッシュタグをつけるようになりました。



タイムライン上で、

ありとあらゆる情報が流れてくる。

その中で、読者が情報を取捨選択する。



そのためには、ツイッターといえども、

まず「題名」をつけることが重要だと考えました。



これは、元JRAジョッキー、

安藤勝己さんのツイッターから学んだ手法です。

安藤さんは、特定の馬の話題にするとき、

まず初めに、その馬名をつぶやいています。



最初の一言で、

どの馬についてのつぶやきか、

すぐに把握できます。



私はそれを参考にして、

さらに、題名にハッシュタグをつけることにしました。

試しはじめたのは、つい最近ですけど。



最初の一言で、



興味がなかったら飛ばしてもらえればイイし、

興味があれば、目を通していただければイイし、

その情報について詳しく知りたい場合は、

ハッシュタグをクリック(タップ)してもらえればイイ
のです。



続いて2つめ。



まぁ、私も人間ですから、、、



他人の欠点を攻撃したくなるような、

醜い部分が心の底から沸き上がる時があります。



で、最近は、

相手の言動に対して不快だと感じても、

余程でない限りは、

「否定」はしないように意識しています。



否定ではなく、

「提案」とか「疑問」「質問」とか「個人の感想」とか、

そういった形で表現するように心がけています。



「それは違う」

というより、

「私はこう思うんですが、いかがですか?」

とか、

「こういう考え方もあります」

という形で、遠回しに。



あと、もう1つ。



気に入らないことがあった場合、

「怒っている」

というより、

「悲しい気持ち」

と表現した方がイイ場合もある、

と考えるようになりました。



この記事を掲載する前に、

「売名」について思ったことをつぶやきました。



本当はね、



ブチ切れそうなくらい、怒っています(爆)



でも、ブチ切れた所で、

それは相手の思うツボになりますし、

だったら、

「悲しくて涙が出る」

と表現した方が適切だと判断しました。



これも最近試しはじめたばかりで、

まだ試行錯誤の段階ですが。。。



今後ですが、

「引用ツイート」はなるべく控える予定です。

あれって結局、引用のつぶやきを読んで、

さらにユーザー自身のつぶやきを読むから、

読者にとっては、

必要なエネルギー2倍になるんですよね。



同様の理由で、

ニュースの感想についても、

わざわざ元記事を引用するのは控えて、

自分の感想のみにしようかと考えています。





まぁ、そんな感じで。

チョット粋がって書いてみましたが、、、



所詮はフォロワー数30弱の零細ツイッターです(爆)



うち約半数は、まともに読まれていないかと(^^;)mts



まぁ、今後もマイペースでやっていきます。



今後もツイッターがメインになるかと思います。



もしこんなんでも宜しければ、

今後ともよろしくお願いいたします。



ほいじゃ、またね。



ブログ主:mts










(追記:

もしかしたら、ブログ引っ越すかもしれません。

まだ未定です。

まぁしばらくの間はこのブログも残していく予定です。

とりあえず報告まで。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

プロフィール


画像
名前:mts(ミッツ)
性別:男
年齢:35前後
ツイッターの使い方についての考察 脱出駅3〜シンパシーを感じ合い暴言をブチ込むRPG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる